load

富士桜法律事務所

富士桜法律事務所

CDOエクイティ

CDOエクイティとは何か

CDOエクイティは,国内で,ごく一部の外資系証券会社のみが個人顧客に販売した商品です(私の知る限りでは,一社しかありません。)。CDO(Collateralized Debt Obligation:債務担保証券)とは,証券化商品の一つです。

CDOは,証券化商品に投資することを目的として設立されたSPVが発行する有価証券のことです。「証券化」とは,資産保有会社がその有する資産をまとめてSPV(特別目的会社)に譲渡し,SPVが当該資産のみを担保資産として有価証券を発行する仕組みを言います。

CDOのスキームは,企業の貸借対照表(バランスシート)になぞらえて,企業の「資産の部」には工場・商品在庫などが入るがCDOの「資産の部」には社債やローン債権が入る,企業の「負債の部」には銀行借入や社債などが入るがCDOの「負債の部」にはシニアやメザニンと呼ばれる債券が入る,企業の「資本の部」には株式が入るがCDOの「資本の部」にはエクイティが入る,などと表現できます。

CDOは,優先劣後構造が採用されており,優先順位の高い方からシニア,メザニン,エクイティと呼ばれ,裏付担保資産が済み出すキャッシュフローはシニア,メザニン,エクイティの順に支払われ,他方,裏付担保資産にデフォルトが生ずると,エクイティへの支払いがなくなり,次にメザニン,最後にシニアへの支払いがなくなるという構造になっています。

以上は,証券会社が顧客に交付した分厚いピッチブック(説明資料)を読み解いた上での説明ですが,以上の商品構造を,一体どれだけの人が理解できるのでしょうか。

重大な問題がある商品

CDOエクイティを購入された場合,おそらく,平成20年ころを境に配当が止まり,証券会社が発行する報告書上の評価額は0円になっていると思います。もしCDOを購入されている場合,内容にかかわらず,ご相談ください。

証券化商品は,金融庁も日本証券業協会も「基本的にはプロ同士の取引」と評しており,個人顧客には適さないことを明言しています。また,某メガバンクのレポートにも「エクイティのリスクは通常は非常に大きい」と書かれ,某外資系証券会社の書籍にもエクイティは「ハイリスク・ハイリターン」であると書かれ,某政府系機関のレポートにも「複雑な商品性を有する」と書かれています。

現に,日本でCDOへの投資を行っていたのは大手機関投資家(大手銀行,損害保険会社,生命保険会社など)であり,CDOの中でもエクイティに投資を行っていたのは,高リスク選好のヘッジファンドであったことが,私の各種調査研究結果で客観的に明らかになっています。

以上の内容に照らせば,個人顧客にCDOエクイティを販売することには,非常に大きな問題があると考えます。CDOエクイティを購入したことがあるのであれば,ご相談ください。

ページのトップへ